2000 エクスプレス、エンジンチェックランプ点灯修理、DTC P0300 ミスファイアー

🕔2021.2.3

2000 Chevrolet Express 1500
エンジンチェックランプ点灯の修理

故障コードはP0300:ミスファイアー
プラグ・プラグコード・ディスビキャップ・ローターは交換済みとのことなので、点火関係以外で
ミスファイア状況と車両各センサーのデーターを確認していきます
エアーと燃料関係の燃圧(燃圧計取り付け)、BK1-O2、フューエルトリム値、MAP、MAF値(TECH2データー)、排気関係・・・・については問題なし・・
車両センサーデーターのCMP遅角が?・・・

クランク位置を1番シリンダーのトップTDC点にして、ディスビポインター位置を8気筒のアイマークに合わせて、

再度CMP遅角を確認し走行確認、CMP遅角0°になるようにディスビを微調整して、ミスファイアーなくなり修理完了!